化粧水は無添加の物を|刺激を抑えて美肌を手に入れる

笑顔

見えないパーツも意識

お尻

実は、ニキビは顔だけに出来るものではありません。体であればどこにだって出来てしまいます。ニキビは、皮脂により毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖することが主な原因と言われています。顔は、皮脂の分泌が多くニキビが出来やすいようになっている為、顔にしか出来ないようなイメージが強いのです。ですが、お尻や背中などのパーツも例外なく肌に負担がかかってしまうとニキビは出来てしまうものなのです。特にお尻はニキビが出来やすいパーツとなっています。肌への負担がかかりやすいパーツで座っている時、腰やお尻で体重を支えています。その負担が、角質化することで毛穴を塞ぎ、ニキビが出来ます。さらに、お尻は他のパーツに比べても清潔に保つ事が難しく、そのこともニキビが出来やすい原因へと加担しています。しかしお尻など、普段意識することが少ないパーツはお手入れが難しいことがほとんどです。しかし、簡単なことでニキビが出来ないように予防することが可能です。まず、ニキビを予防するには原因となる古い角質をしっかりと取り除く必要があります。体を洗う際に、ボディーブラシを使用して、角質ケアを行いましょう。ボディーソープも、スクラブが入っている薬用のものがより効果的です。ボディーブラシを使用する前に、準備として湯船に浸かり毛穴を開くことで古い角質が取れやすい状態にすることが必要です。ブラシは優しく使いことも重要です。一度お尻にニキビが出来てしまうと、跡になり、それがコンプレックスになることもあります。意識して、手入れをすることがお尻にニキビを作らない重要なポイントとなります。